蛍水舎ブログ

社会医療法人社団蛍水会 名戸ヶ谷病院のブログです

七夕食

7月7日は五節句の1つ「七夕」です。

行事食として千年以上も前から食べられてきたそうめんは、天の川やおり姫の織る糸に見立てられたことが起源のようです。

 

名戸ヶ谷病院では日常的なお食事だけでなく、季節に合った行事食をお出ししています。

 

f:id:nadogaya:20180709115500j:plain


 

 

 

節句にその季節のものをいただいて、無病息災を願う風習はたくさんありますが、七夕のそうめんは、暑さで食欲が減退する時期にぴったりのメニューですね。

 

旬の食材には、その時期に必要な栄養が多く含まれています。

夏の食材は水分やカリウムなどのミネラルが多く含まれていることが特徴です。

 

たんぱく質や野菜もしっかり食べて、夏バテしにくい体を作りましょう!